お気軽にご相談ください ※営業はお断りします

Final return

Final return

確定申告とは

確定申告とは、毎年1月1日~12月31日の1年間に所得のあった人が所得税額を「申告納税」する、また源泉徴収や予定納税で納め過ぎた所得税を「還付申告」する税務処理のことです。原則翌年の2月16日~3月15日に行います。

所得は全部で10種類(利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得、雑所得)あり、それらの所得を所定の手順で計算、所得税額を算出して納税します。

確定申告をしないとどうなる?

日本では所得税は納税者が自ら税務署に確定申告する制度のため、本人が確定申告しなければ税金を払わずに済むことになります。

ただし、税務署は無申告者の摘発を行っていますので、税務署に指摘されると、「無申告加算税」という重たいペナルティーが加算されます。無申告加算税は、納付すべき税額の15~20%の割合となります。 さらに、確定申告を行わなかった期間に対応する延滞税も加算されます。

延滞税とは、法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて上乗せされる利息に相当する税金です。額は年利14.6%と、かなりの高額の利息を支払わなければならないことになります。(ただし、支払期限を過ぎて2ヶ月以内に関しては約7.3%)

さらに、意図的に収入を隠した場合は、「無申告加算税」に代えて「重加算税」という税金が加算されます。この重加算税は、さらに上乗せ額が多く、税額の最大35%が上乗せされます。

このように、無申告で通して税金を払わずにいると、税務署に指摘されて本来の税額よりも倍近く払わなければならないことになりかねません。

確定申告業務

個人事業主の中には、個々の業務に専念する中で1年に1回の確定申告で苦労をされている方は多いかと思います。
幣事務所ではそんな個人事業主様の、確定申告の不安を解消すべく各種サービスを提供します。
特に下記のような項目に該当する個人事業主様、一度ご相談ください。

  1. 確定申告のやり方がわからない、どうすればいいかわからない。
  2. 個人事業を開業したが、確定申告の手続きの仕方がわからない。
  3. 会計帳簿のつけ方がわからない。
  4. 税務署に聞いて青色申告の届出を提出したが、その後どうすればいいのかわからない。
  5. 領収書を保存しているので処理したい。
  6. 住宅ローン控除の手続きの仕方がわからない。
  7. 不動産を売却したが確定申告のやり方がわからない。

また、付随して別途消費税の確定申告のサービスも提供しております。

確定申告のことなら、ご相談ください

お気軽にご相談ください
052-880-7205
ページ先頭に戻る
ページ先頭に戻る