お気軽にご相談ください ※営業はお断りします

Internal control

Internal control

内部統制とは

内部統制とは、(1)業務の有効性及び効率性、(2)財務報告の信頼性、(3)事業活動に関わる法令等の遵守ならびに(4)資産の保全という四つの目的が達成されているとの合理的な保証を得るために、業務に組み込まれ、組織内の全ての者によって遂行されるプロセスをいいます。

中小企業における内部統制構築の必要性

内部統制は「会社法」や「金融商品取引法」で定められており、これらは大企業や上場企業を対象としたもので、中小企業においては構築の義務はありません。

ただし内部統制の定義にある「業務の効率性及び有効性を高める」、「財務報告の信頼性を高める」「事業活動にかかわる法令等を遵守を徹底する」、「資産を保全する」という目的は大企業、中小企業問わず事業の健全な運営を行う上でも非常に重要なものであり、会社の成長に合わせて積極的に取り組んでいく必要があると考えられます。

内部統制を構築するメリットとは?

上場企業でなくても、内部統制の構築には数多くのメリットがあります。
まず、企業の信頼性やブランド力が向上することが挙げられます。大企業の立場からしたら、「きちんとした内部統制体制が整っていない会社とは取引しない」と判断される可能性もあります。内部統制の充実は、不祥事やミスが起こりにくい健全な企業であるという証になるのです。

そして投資家も安心して投資できる企業であると判断するため、資金調達においてもプラスに働くことが考えられます。

また、業務効率が上がるのも大きなメリットです。内部統制の構築によって、業務内容や業務フローの「見える化」が実現します。
これにより業務の改善が図れ、従来の業務の無駄を省けます。特に中堅・中小企業は、少数精鋭で効率的に業務にあたる必要があるため、内部統制の整備によって業務の有効性・効率性が高まることは極めて大きなメリットだと言えるでしょう。

内部統制構築支援業務について

上場会社の財務諸表監査の実務を通して内部統制の整備状況の評価及び運用状況の評価に実際に携わってきた公認会計士が、お客様のニーズに合わせて内部統制支援業務をご提供致します。

内部統制構築の進め方

Step01基本計画・方針の決定

財務報告に係る内部統制に関する方針を確定します。

Step02内部統制の構築

財務報告に係る業務について業務の流れ、リスク、統制活動を整備します。

Step03内部統制の整備状況の評価

内部統制が適切に整備され、それが実際の業務に適用されているかについて評価を行います。

Step04運用状況の評価

内部統制が有効に運用されているかどうか運用テストを実施して評価します。

Step05内部統制の是正・改善

内部統制に欠陥がある場合には、是正改善を行います。

内部統制のことなら、ご相談ください

お気軽にご相談ください
052-880-7205
ページ先頭に戻る
ページ先頭に戻る